Overweight Landing時の許容降下率は?

飲み会でENGINE FAILURE AFTER V1の話題になりました。
パイロットだけで飲んでいると共通の話題として仕事の話をしがちです。
離陸してすぐに片方のエンジンが停止した場合どうするか。

ジェッション(燃料投棄。別の言い方だとFuel dump。)してMAX landing weight以下にしてから降りるのか、緊急なのでそのままオーバーウェイトで降りるのか。

結論から言えば、安全の為に良いと判断できるのであればキャプテンの裁量で決めれます。
そしてその両方が正解。安全であれば、です。

「ところで、オーバーウェイトランディングだとどれ位の降下率まで認められてるんだっけ?」

という話になり、「確か300ft/minだったかなー」とか「それに安全率1.5を掛けた450ft/minじゃないっけ?」
など色んな意見が出ました。
初期訓練で耐空性審査要領について結構やったのになーと言いながらも、分からないことはすぐに調べる辺りが皆さん流石です。

◆◆
探してみると確かにありました。

耐空性審査要領の設計の欄です。
P.222-6
3-6地上荷重
3-6-2-1着陸状態においては飛行機は次の状態で接地するものとする。
c.『設計離陸重量(最大降下率よりも低い降下率での着陸における最大重量)で1.8m/s(6ft/s)の制限降下率』
つまり、最大離陸重量でも6ft/min=360ft/min以下の降下率で接地すれば強度的は保証されます。
ちなみにb.設計着陸重量(=最大着陸重)では 10ft/s=600ft/minまで強度が保証されています。これは通常の降下率に近いのでノーフレアですごい衝撃になりそうです。

T類は360ft/min以下の降下率で接地すれば強度は保証される。
というのは覚えておきましょう。

360ft/minの降下率は思ったより大きい印象です。やろうと思えばすこし接地が伸びますが、地面を撫でるような着陸はパイロットなら誰でもできると思います。
通常時はオートブレーキのセンサーが接地したのか迷うのでしませんが。

実際シングルエンジンになったら私ならレーダーベクターをリクエストしてチェックリストを完了しながら即行空港に引き返すと思います。
SID中ならとりあえずFollow、MHA位までの高度を獲得しといた方が何かと余裕が出ます。とくに混雑している空港なら。
VMCなら混雑状況を見て、トラフィックパターン1周で降りれるならDownwindに入ってもいいと思います。

シングルエンジンででもジェッションを選択する時ってどんな時なのか?と考えました。

1.大前提として性能上その重量では滑走路をオーバーランしてしまう。
2.又は脚に不安があるとき
2.1.パンクしている。
2.2ブレーキ火災等でタイヤが損傷している。
2.3そもそもタイヤが出ないから胴体着陸。
3.離陸後滑走路が閉鎖された。例えば自機よりも重篤なエマージェンシー機体があり着陸後の滑走路閉鎖が考えられ、ダイバートを余儀なくされた場合近くの滑走路が全て短すぎる時。

MECEからは外れてます。こういうのは考えても全部を網羅するのは不可能です。
だからこそ想像力って大事です。フライトは不確定要素が多すぎるのでツリー状に場合分けするのは「机上の空論」です。
実際に使えなければなりません。

月に一回とんでもないエマージェンシーが発生したら自分ならどうするかをイメージフライトしろと教官は言います。
これをやりだすとシステムのテキストを開いたりし始めることになるので永遠に終わらず夜が明ける、なんてことはザラだそう。

◆◆
もうすぐハドソン川の奇跡が公開されますが、たぶんサレンバーガー機長は両エンジンが止まった時のシミュレーションフライトをしたことがあったんじゃないかなと思います。
自分の機体の揚抗比は分かっていても、その場の降下率とGSからの進出距離は風向きで大きく変わるので現在位置から空港まで届くか即座に判断するのはとても難しいと思うからです。それを機長はすぐに判断していました。
本当にフライトは何が起こるか分からないのでなるべく乱してイメージフライトをすることが大事です。
そして分からないこと、操作の根拠が不明なものは徹底的に調べること、クロスチェックの仕方も決めること、それが上手くなる秘訣のようです。

広告

About KC
Pilot訓練生5年目。事業用操縦士・多発限定・計器飛行証明取得。

One Response to Overweight Landing時の許容降下率は?

  1. orange says:

    毎回、とてもためになる情報を掲載して下さり、本当にありがとうございます。
    早速、掲載して下さった内容ををファイルにアップデートしたいと思います。

    今回のOverweight Landingの内容に、ランウェイがウェットの状態で横風制限値ぎりぎりなどの条件を加えたらどうなるか、新しい疑問がわいてきてしまいました(笑い)。
    やはり常に勉強ですね。

    「分からないことはすぐに調べる辺りが皆さん流石です。」ということは、みなさん常に耐空性審査要領の本を持たれているのでしょうか?

    興味深いサイトを新たに発見いたしました。

    台風による風の流れや雲・雨・気圧などの変化とその予測がよくわかる「Windyty」というサイトです。
    風・気温・雲・雨・波・気圧などの現時点での情報をマップ上で見られるほか、過去と14日先までのデータも見られるようです。
    https://www.windyty.com/
    http://gigazine.net/news/20160829-windyty/

    お時間があるときに、見てみて下さい。

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。