耐空性審査要領には何が書いてあるか

    耐空性の検査

耐空性審査要領の内容に入る前に
航空機の飛行の安全性を担保するのに必要な証明には何があるか見てみます。

①耐空証明・・・法11条『航空機は有効な耐空証明を受けているものでなければ、航空の用に供してはならない。但し、試験飛行等を行うため国土交通大臣の許可を受けた場合は、この限りではない。』

②型式証明・・・法第10条『国土交通大臣は、次に掲げる航空機については、設計又は製造過程について検査の一部を行わないことができる。 一、第十二条第一項の型式証明を受けた航空機…』

 

2つの検査が必要です。

耐空性審査要領はこれら2つの証明を行う際の基準が書かれています。これらは航空機製造メーカーに対する法の要求です。

 

◆◆

   【耐空性とは?】(=Airworthiness)

法第10条

耐空証明に関しては航空法第10条で規定されています。

法第10条『国土交通大臣は申請により、航空機について耐空証明を行う。(滑空機を除く)』

3項『耐空証明は、航空機の用途及び国土交通省令で定める航空機の運用限界を指定して行う。』

4項『…当該航空機が次に掲げる基準に適合するかどうかを設計製造過程及び現状について検査し、これらの基準に適合すると認められるときは、耐空証明をしなければならない。』

 

つまり耐空性審査の流れは

設計

製造

現状

 

の3ステップがあるのですが、一機毎に設計から現状まですべての検査を行っていてはコストがかさんで仕方ありません。

そこで設計、製造過程に関しては型式(B737とかA380とか種類)ごとに重複する項目に関しては型式証明によって検査の一部を省略します。

◆◇⇒型式証明は耐空証明検査を効率よく行うための証明◇◆

細かく言うと強度と構造に係る審査の一部を省略することができます。(※下記参照)

そして型式証明はメーカーに対して行うものなのでエアラインは持っていません。

 

では、具体的な検査内容を見てみます。

法10条4項

一、安全性を確保するための強度構造及び性能についての基準⇒安全性の基準(付属書第一

二、騒音の基準                                                                                     ⇒環境への基準(付属書第二

三、発動機の排出物の基準                                                                 ⇒環境への基準(付属書第三

 

ICAOでは国際基準としてAnnex 8を制定しています。

航空機は国際的な工業製品なので国際基準が必要だからです。

Airworthiness(耐空性)という言葉はよく出てくるので覚えておいた方がいいと思います。

上記の付属書というのはICAOのAnnex 8を翻訳したものです。

航空法施行規則付属書第一『航空機及び装備品の安全性を確保するための強度、構造及び性能についての基準』というタイトルで耐空性審査要領の前文として収録されています。

 

ICAO Annexの参照方法はコチラを読むといいと思います。

 

日本の耐空性審査要領はICAOのAirworthiness Manual(Annex8の細則)に則った米国FAR(アメリカの航空法) Part25(T類)「Airworthiness standards」に準拠しています。

Annex8⇒FAR Part25⇒耐空性審査要領

 

耐空性審査要領は広辞苑のような分厚さでどこから読んでいいか困るのですが、一般的な訓練生が読むべきは

小型機による初期訓練では

II 飛行機(普通 N、実用 U、曲技 A、輸送 C FAR Part 23に準拠

エアラインのジェット機訓練では

III 飛行機(輸送 T FAR Part 25に準拠

を開いてください。

◆◆

    耐空性審査要領の内容

よく口述審査で「耐空性審査要領には何が書いてある?」など聞かれます。

その答えは強度、構造、性能です。私も初期訓練では『強構性』などと覚えていました。

それぞれどの段階で審査するかというと

1.強度・・・設計段階(型式証明で一部省略可)

2.構造・・・製造段階(型式証明で一部省略可)

3.性能・・・飛行試験段階

で審査します。

蛇足ですが型式証明と試験飛行のサーキュラーのURLを掲載しておきます。

型式証明             http://wwwkt.mlit.go.jp/notice/pdf/201107/00005484.pdf

試験飛行             http://wwwkt.mlit.go.jp/notice/pdf/201401/00005486.pdf

 

耐空証明の有効期間は1年です。(法第14条)

ただし、航空運送事業の用に供する航空機については国土交通大臣が定める期間となります。

エアラインは基本的にCABから認められた整備規程に則り整備しいていますので毎回試験飛行を行っているようなものとして実質上記整備が行われている限り無期限、言い方を変えると毎フライトで耐空証明の有効期間を延長するような扱いになっています。

 

※また、耐空性審査要領に関して重要なのは時期によって内容が異なることです。これは離着陸性能の基準で関わってきます。今回は省きます。

◆◆

    運用限界等指定書

法第10条3項『耐空証明は、航空機の用途及び国土交通省で定める航空機の運用限界を指定して行う。』

とあるように耐空証明書とセットで必要なのが運用限界等指定書です。

 

内容は

————————-運用限界等指定書————————-

航空機の型式                                     エアバス式350型

航空機の国籍記号及び登録番号     JA1234

航空機の製造番号                            12345

耐空証明書番号                               2016-001

上記の航空機の用途及び運用限界を航空法第10条第3項の規定により下記により指定する。

用途:耐空類別  飛行機 輸送T

運用限界:飛行規程及び追加飛行規程の限界事項

 

平成28年1月1日

国土交通大臣

—————————————————————————

 

という風になっています。

用途がT類の用途に限定され、

運用限界は飛行規程及び追加飛行規程の限界事項となっています。

 

まず、耐空類別ですが

国交省のページに付属書第一の内容が載っています

http://www.mlit.go.jp/common/001048282.pdf

 

・飛行機 実用 U類         ⇒最大離陸重量 5,700kg 以下の飛行機であつて、飛行機普通 N が適する飛行及び 60°バンクを超える旋回、錐 揉きりもみ、レージーエイト、シャンデル等の曲技飛行(急激な運動及び背面飛行を除く。)に適するもの

 

・飛行機 輸送 T類         ⇒航空運送事業の用に適する飛行機

 

口述で聞かれたらこういう風に答えればいいと思います。

 

次に運用限界です。

飛行規程及び追加飛行規程の限界事項はそれぞれに1章に載っています。飛行規程は一般的にAFM(Airplane Flight Manual)と呼ばれます。AFMという言葉はよく出てくるので「メーカー(BoeingとかAirbus)が作成した限界事項だな」と思っておきましょう。

追加飛行規程とは改修、改造をした場合に新規に作成される規定です。

これらについてはメーカーではなく法がユーザーに求める要求なので次回書きたいと思います。

◆◆

航空機メーカーに法が求める耐空性をまとめると以下のようになります。

今回は青い部分について書きました。

 

耐空性審査要領

広告

About KC
Pilot訓練生5年目。事業用操縦士・多発限定・計器飛行証明取得。

3 Responses to 耐空性審査要領には何が書いてあるか

  1. orange says:

    耐空性についてまとめられた図がとても分かりやすいです。コピーして使わさせて頂いてもよろしいでしょうか?

    改めて思ったことなのですが、やっぱり日本の航空局はアメリカFAAが行ったことの後追いが多いな~ということに、改めて思いました。FAAな何でも先を行きますね。

    KCさんのブログを見て私も何か記録してみようと、Wordpressでブログを作ってみたのですが、やはり他のブログサイトにしようと考え、Wordpressのアカウントを退会しようとしたところ、退会できませんでした(苦笑)。

    どうやら、アカウントは永久に残り、退会できないとの規約が書かれてありました。まだ記事は一つも書いていなかったのですが、安全のためアカウント名を変更し(アカウント名は後から自由に変更が可能のようです)、ブログ名、Wordpressから与えられたemailも変更しました。

    アカウント作成時に必要なメールアドレスも、ブログのために作ったフリーアドレスだったので、こちらも削除しました。

    色々と試してみないと分からないものですね。

    面白そうなサイトがありましたので、お時間があるときに見てみてください。

    ・テキストボックスに地名を入力するだけで、その地域の標準時や夜明け・日没時刻だけでなく、Twillightなどの情報が数字とグラフで一発で分かるGoogleマップベースの「chronozone」が公開されています。
    http://gigazine.net/news/20160819-chronozone/

    ・「具体的な『安全』は存在するのでしょうか?」安全を追求するJALの機長が語る驚きの事実と絶対安全に向けたJALの取り組みとは?
    http://gigazine.net/news/20160819-jal-safety-training/

  2. orange says:

    耐空性についてまとめられた図がとても分かりやすいです。コピーして使わさせて頂いてもよろしいでしょうか?

    改めて思ったことなのですが、やはり日本の航空局はアメリカFAAより遅れているなということを、改めて思いました。FAAな何でも先を行きますね。

    KCさんのブログを見て私も何か記録してみようと、Wordpressでブログを作ってみたのですが、やっぱり他のブログサイトにしようと考え、Wordpressのアカウントを退会しようとしたところ、退会できませんでした(苦笑)。

    どうやら、アカウントは永久に残り、退会できないとの規約が書かれてありました。まだ記事は一つも書いていなかったのですが、安全のためアカウント名を変更し(アカウント名は後から自由に変更が可能)、
    ブログ名、Wordpressから与えられたemailも変更しました。

    アカウント作成時に必要なメールアドレスも、ブログのために作ったフリーアドレスだったので、こちらも削除しました。

    色々と試してみないと分からないものですね。

    面白そうなサイトがありましたので、お時間があるときに見てみて下さい。

    ・テキストボックスに地名を入力するだけで、その地域の標準時や夜明け・日没時刻だけでなく、Twillightなどの情報が数字とグラフで一発で分かるGoogleマップベースの「chronozone」が公開されています。
    http://gigazine.net/news/20160819-chronozone/

    ・「具体的な『安全』は存在するのでしょうか?」安全を追求するJALの機長が語る驚きの事実と絶対安全に向けたJALの取り組みとは?
    http://gigazine.net/news/20160819-jal-safety-training/

    • KC says:

      Orangeさん
      いつもコメントありがとうございます。
      このブログの図で良ければもちろん参考にされてください。
      Wordpressは難しいですよね。私も実は3アカウント目でこのブログ至ります。笑
      本屋でWordpressについて少し見てみると私もまだまだ機能の5%も使えていないと感じています。
      しかしググってわかる程度でもブログは書けるな、というのが実感です。
      BOOKS等フライト以外にも、自分の読んだ、学んだことの備忘録として振り返れると結構面白いのでもし良ければトライされてみて下さい。

      いつも興味深いサイトを教えて下さりありがとうございます。
      Orangeさんのブログを見れるのを楽しみにしています。
      その時は当ブログでも紹介させてくださいね。
      楽しみにしています。

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。