Visual Approach

VisualAPP

 

 

 

 

 

Visual approach (AIMj671)
目的:空港を視認させて効率よくArrivalをさばくため。上図参照。

気象条件
・雲高+飛行場標高がMVA()+500ft以上高いこと
地上視程が5km以上
の条件でパイロット、管制官双方から要求、発出可能。

パイロットの責任範囲 (追記2016年3月15日)

・地上障害物と他のVFR機との間隔維持
・VMCの維持
・視認している先行機との間隔維持
・後方乱気流の回避
・地上物標が視認できなくなった時及び先行機に引き続く飛行が不可能になったときは直ちに管制機関に通報。

方法等
・レーダーベクターでDW等まで誘導する。
・例えば、通常ILSだとFinalの10NMから乗っていかないといけないのを短縮できる。

ATC:”Vector to DW/Final.”

MVAはパイロットには公示されていないので判断はできない。
大体、山+2000ftくらいらいしい。

こんな感じで他のアプローチもざっくり説明していきたいと思います。

広告

About KC
Pilot訓練生5年目。事業用操縦士・多発限定・計器飛行証明取得。

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。