SDC

SDC=Simplified Departure Clearance

羽田、福岡、広島等のSDCを運用している空港では特定の経路(対象飛行計画経路)で出発する際
管制承認発出時に最初に指定される高度に加えて飛行計画に記載した高度が巡航高度として発出される。

経路ごとにイニシャルの上昇高度が一律に決まっているということです。

例えばフライトプランにはFL340と記入していても「・・・maintain FL150, expect FL340」というclearanceが来ます。
この例ではFL150がその空港の特定経路における「最初に指定される高度」になります。

目的は対空通信負荷の軽減と遅滞ない管制承認の取得です。

広告

About KC
Pilot訓練生5年目。事業用操縦士・多発限定・計器飛行証明取得。

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。