RMIの練習方法とK教官

エッセンシャル思考を再読してからというもの、断捨離にハマってます。

『それが新品で売っていたらお金を払ってでももう1度買いたいか』

という視点で見ていくと必要ないものばかりでした。

そこで、これまで集めに集めた資料なども一括で捨てました。

一応有意義そうなものだけScanSnapでデジタル化して文字認識させてEvernoteにアップしておけばキーワード検索で全部出るので復習するのにもブログを書くにも便利です。(プレミアム会員になっているのでPDFの中身まで検索してくれます。)

 

誰かがEvernoteのことを『脳みその外付けHDD』とか言ってたのを思い出します。
綺麗にファイリングして満足してただけな資料集も大量にあったので、かつての自分の「仕事をしたつもり」にはビックリです。笑”
◆◆

前置きが長かったですが、断捨離しているとフライトバッグから懐かしいものが出てきました。
それがこれ。

RMI

RMI。の練習用に作った模型です。100均のプラバンと画用紙とクリップで作成。費用は200円くらい。

RMIとは

JALの航空用語辞典より

9.ラジオ磁気指示計(RMI:radio magnetic indicator) 航法計器の一種で,磁気方位を表す方位板(コンパス・カード)と,ADF局あるいはVOR局に対する相対方位を表す指針を組み合わせた計器。方位板上の指針の読みは,航空機からADF局あるいはVOR局を見た場合の磁方位を表し,指針の読みと機首方位との差は,相対方位を表す。

VOR局に対して自分のポジションがどこなのか、を示す計器です。

VFRではクロスカントリー中でなくても、とっても重要なのでこんなアナログなものを作って練習してました。
◆◆

地図の上に適当に置いて「このポジションなら針はどうなる?」

というのを同期とひたすら練習していました。
おかげで上空でも「この辺りならRMIは

この針の型になってDMEは◯◯マイル位。」というのを見てすぐ分かるようになりました。
バディ制で訓練されてる方は後席でサポートをしている時に後ろから、VOR1,2とDMEの周波数を見て自分のポジションを把握する練習をしましょう。
『針のケツが自分のポジション』
これさえ間違わなければ大丈夫です。

感覚ですぐ分かるひともいますが苦労する人ももちろんいます。

だから、地上なら分かるのに上空だと周波数の設定とかでも焦って上手くRMIを使えない人も心配無用。
地上で理解できて実行できる事は必ず上空でもできます。

時間をかけて準備すれば必ず。
◆◆

『やっぱり方法を教えれる人がすごい』
このRMIの模型の作り方を教えてくれたのはもう引退された元ジャンボ機機長のK教官でした。
Kさんの尋常じゃない現役時代のノートを見せていただき、「これがグレートキャプテンか」と尊敬を通り越して畏怖の念を抱いたのを覚えています。
「私は優秀じゃなかったからねー」とかい尊敬しつつも

「ランディングの研究」のページなどは筆舌尽くしがたいほど素晴らしいものでした。

実るほど頭を垂れる稲穂かな。
◆◆

会社で欲しい人材は別に要領だけいい人ではありません。
確かに上手いに越したことは無いけれども優秀なコーパイになれるのが関の山。
言われた事を上手くやれるかどうかは別にして、何とか上手く出来るようになって、その上手くできる要因を分析してその方法を伝えられさる人が優秀なのだと思います。
ただでさえ風や気温、そして他機など、フライトは毎回違うシチュエーションで行います。
フライトは千変万化。でも飛行機は飛んだら絶対何処かには安全に着陸しなければなりません。
たまたま出来ることより、方法論が確立されて『再現性』のあるフライトを目指しましょう。

◆◆

かつての教官のように私は紙媒体のノートは持ってません。
しかし私もPDFやデジタルデータででも、後輩に何か残せたらいいなと思います。

広告

About KC
Pilot訓練生5年目。事業用操縦士・多発限定・計器飛行証明取得。

3 Responses to RMIの練習方法とK教官

  1. Makka says:

    ブログで適性検査や身体検査のコツなどを見ていつも学ばせて頂いてます!就職活動で身体検査を控えているのですが、実際に気をつけてることや、対策していることがあれば教えて頂きたいです(´・_・`)

    • KC says:

      Makkaさん

      身体検査に関しては
      https://flyingfast1.wordpress.com/健康食/
      のページに記載してるようなことを気をつけてます。中でも白湯を1日2L飲むとなぜか身体がスッキリする気がするのでオススメです。が、過ぎたるは猶及ばざるが如し、運動も節制も程々にしておくのがベストです。
      前日まで激しく追い込み、運動しすぎて尿検査で蛋白が出た、なんてのは良く聞きます。

      また、もしMakkaさんが初めての航空身体検査であれば視野検査には驚くかもしれません。
      最近は自動化されてるのでやり方がわからない時はすぐ申告するのがいいと思います。
      余裕があれば事前に航空身体検査の出来る病院で試してみるのも練習になると思います。

      身体検査は上位何名、というのではなく自分との勝負です。

      視野検査、脳波検査は特に集中して頑張って下さい。応援しています。

  2. Hits says:

    ADFとVORの二―ドルの利用法としては、最早ファイナルアプローチコースへのインターセプト用にしか用いないと思います。30°、45°、60°カットの際のリードを予め調べて何度方向から旋回開始するかということにつきると思います。2つの局と旋回開始点までの距離で計算で求めておけば簡単ですね。

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。