週間予報の精度は?

天気の予想=観測値+数値予報モデル
という関係性があります。

観測値はいわゆるRAWデータ。観測された値そのままで予測値ではありません。
一方、数値予報モデルとは、スーパーコンピューターを用いて計算した値のことです。
この数値予報、地球を約20km四方の格子に区切り高度100層にわたって分割し、観測値を各格子点に
入力し計算させます。
GSM
気象庁気象研究所参照

これを全球モデル(GSM)といいます。

計算結果と実際はもちろん異なってくるのですが、どれくらい乖離したかによって数値予報にはアタリ・ハズレが出てきます。
これだけ細かく区切っても格子点間隔は大きいので20km以下の小さな積乱雲などを考慮出来ていません(正確には「非静力学モデル」として組み込まれる「パラメタリゼーション」は行ってます。)
完全な数値予報は不可能です。

では数値予報がどれくらいの精度まで落ちるとハズレなのかというと
「気象値予報」の精度まで下がるとハズレということになっています。
※気象値予報とは30年間の累計平均値の予報ことです。

◆◆
数値予報は、時間的には半日から数日先までの「短期予報」までが限度で
週間予報にいたっては、実は60%くらいの確率でしかありません。
そこで細かく修正していく方法が、先の「パラメタリゼーション」です。

また、数値予報では予測不可能な直近1時間の予想は、雨雲の把握のために用いられる
気象庁の「レーダー」や「アメダス」を使って降水ナウキャストとして発表されています。

◆◆
このように週間天気予報で一喜一憂する必要はなく来週が雨でも晴れになる可能性もあると捉えてみて下さい。
これらを考慮し、気象庁では3日以降の天気の予報精度をA、B、Cで評価しています。
日本で訓練されてる方や旅行の計画に使えます。
http://www.jma.go.jp/jp/week/

GWは晴れで本当に良かったですね。
これから沖縄の方から台風の季節です。
また台風に関して書きたいと思います。

広告

About KC
Pilot訓練生5年目。事業用操縦士・多発限定・計器飛行証明取得。

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。