脳波検査での心得

飛行機 ブログランキングへ

脳波検査というと航空身体検査において避けては通れない課目です。
そして対策がしにくい部分です。
しかし、私の知っている範囲で心得ていることを書きたいと思います。
あくまで医学の知識は無いので参考までに。
気になる方は航空医学研究センターhttp://www.aeromedical.or.jp/までお問い合わせ下さい。丁寧に答えて下さいます。

◆脳波は基本変わらないもの◆
この言葉は看護師の方が仰っていました。指紋や網膜みたいだなと思いました。
私は医学のことは分からないのですが1回でも脳波検査に合格したことがある方なら
その後通らないというのは事故や薬の影響の可能性があるようです。
格闘技や肉体的接触の多いスポーツは控えた方がいいかもしれません。

 

実際、薬の影響は如実で、今まで4回脳波検査をしたことがありますがその中で検査3週間前に風邪薬を1日だけ服用した時があります。
問診票の申告を見て「風邪薬の影響でてるねー脳波が早い。」と言われたことがあります。
「脳波が早い」の意味は分からなくても3週間も影響が残るなんて、と感心しました。
結果受かってはいるのでしっかりそういった申告は書洩らしなく記入した方がいいと思います。

 

◆脳波検査の流れ◆
・まず頭にグリスを塗って電極を貼っていきます。
・ベッドに寝る場合とリクライニングシートのパターンがあり。
・目を閉じてと言われてから検査開始。時間は20分から40分。部屋は大抵暗いのでとっても眠いです。
・中盤にストロボライトがチカチカする。←癲癇の症状を見ているらしいです。
・深呼吸して下さいと言われる。←過呼吸を見ている(?という噂)らしいです。(未確認)
・後半何もしない時間に眠くなる。

・自費の場合、費用は1万円前後。

 

◆心得◆
・前日充分に寝ておく。
・薬の申告をしっかり書く。
・「目を開けていいですよ」と言われるまで途中で絶対目を開けない。
・体をなるべく動かさない。(痒くなりますが、指を動かすだけで記録用紙の針が動く音がします。)
・検査中に寝ない。(「寝ないで!」と強く言われたことがあります。逆に「もう寝てもいいですよ」と言われた同期もいますが。。)

 

◆◆
脳波・身体検査は対策がとてもしにくい分野ですが何もしないよりは心得を参考にされてみて下さい。
3月からは自社養成の募集が始まる季節ですね。今から筆記や面接の対策に頑張って下さい!
ANA http://ana-recruit.com/jobs/pilot/
JAL http://www.job-jal.com/

広告

About KC
Pilot訓練生5年目。事業用操縦士・多発限定・計器飛行証明取得。

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。