効果的な情報収集の方法3選

情報で溢れかえったインターネット黎明期の私たちの周りは調べればいくらでもWEB上から情報を取得することができます。

しかし情報はナマモノ。もちろん人から聞くのが一番なのですが、いきなりだとハードルがあったりするので今回はネットによる情報収集の方法です。
ネットで調べる時はもちょっとした情報を調べるにしても闇雲に調べると昔の情報だったりするので厄介です。
特に航空業界は日進月歩新しいニュースが飛び込んでくるので調べ方を間違えると時間のロスにもなり兼ねないので
オススメのネットによる情報収集方法3つを書きたいと思います。

1.Google alert
簡単な設定で即効性のあるのはgoogle alertです。
「運航乗務員 採用」「○○(航空会社名) 採用」など、特に採用関係は鮮度が大事な情報なので思いつく限りの
会社名を入力しています。
あとはメールを待つだけ。
ネット上にそのキーワードに沿った内容のものがアップデートされると通知してくれます。

「パイロット 採用」などはボールペンのパイロットの商品も送られてきますが
必用なものだけしっかり読めばいいです。

まずは「グーグルアラート」でググってみましょう。簡単です。

2.feedly + Byline

お気に入りのサイトが更新したら勝手に知らせてくれるアプリです。
RSSは昔はグーグルが使えたのですが現在は使えないのでfeedlyを代わりに使っています。
feedlyに登録したら購読したいサイトのURLを入力するだけです。
これをBylineで読むのが読みやすいです。
Bylineならオフラインでも読めるので地下鉄の通勤でもOKです。

航空関係のサイトで面白いサイト、BLOGなど、少しでも気になったのは登録しています。
そして週1回ぐらい精査していって不要、必要を分けて購読量が多くなりすぎないようにするのが大事です。

3.twitterで海外のニュースを読む
航空業界のニュースはなんだかんだで欧米から流れてきます。
タイムラグで言うと1日くらいです。
エアバス、ボーイングの公式アカウントやCNNなど英語のニュースをすこしでも目を通すと
航空業界のニュースを見て「あ、これ昨日の翻訳だ」と感じると思います。
そして翻訳されるのもダイジェスト版で全てではないと改めて感じると思います。
英語の勉強にもなるので是非試してみて下さい。

日本のニュースはやはり日本が一番早いのでAviationwireに登録するのがベストだと思います。

広告

About KC
Pilot訓練生5年目。事業用操縦士・多発限定・計器飛行証明取得。

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。