Early turn と Lead turnの違い?

IFRの変針要領にFly overとFly byというのがあります。
flyoverby

over、つまり上空と通るということ。と私は覚えています。
RNAVなどではfixごとにfly overかfly byかを指定されているようですが、通常のIFRナビゲーションにおいてはVOR上で変針することがほとんどですのでVORの無感域の影響でfly overしようとしても実際はfly byになります。
6a00d83451bc4a69e201347fcbe142970c

◆◆
Fly byには2種類あって、Early turn と Lead turnがあります。

1.Early turn
オーバーシュート少なくするように早めに曲がるターン。

2.Lead turn
旋回半径を考えて次のlegへ正確に乗るターン。

イメージ
early turn lead turn
※参考:改訂計器飛行演習

リードターンの方が正確です。しかし風の影響を考慮するのはとても難しいので大体がEarly turnになると思われます。

実際、リードターンを決めてやろうとすると、minimum DMEでターンするとして170kt(IAS)の標準率旋回、10000ftなら
・旋回半径は約1NM
・10000ftでのVORの無感域の半径1.42NM
・minimum DMEを確認するためには0.4NMほど局から離れないと確認出来ない。
・そこからBank確立までの誤差の時間

を考慮すると確実にover shootしてしまいます。ただ、from fragよりはminimum DMEでのアーリーターンの方がover shoot量は減らせると思います。

IFR、奥が深いです。

広告

About KC
Pilot訓練生5年目。事業用操縦士・多発限定・計器飛行証明取得。

2 Responses to Early turn と Lead turnの違い?

  1. やま says:

    はじめまして。
    いつも参考にさせていただいています。
    さて、FIXでの旋回にリードターンとアーリーターンの2種類があるとのご説明ですが、DMEなどで旋回開始時期を図るのがリードターンですが、アーリーターンは具体的にどのような方法で旋回開始時期を判断すれば良いのでしょうか?

    お手数ですが、ご教授の程お願いします。

    • KC says:

      やまさん
      初めまして。ご質問ありがとうございます。
      アーリーターンの判断方法ですがオートパイロットのFDに従う方法が1番良いと思います。

      NAVAIDだけを使ってのアーリーターンを実施する場合、記事の本文にありますようにマニュアルで時期を判断するのはとても難しいです。
      低速機でSLOW FLTでもしない限り色々な誤差の影響が出ますので。

      私も初期訓練で1度だけ巡航高度での旋回半径を考え、FIXでない近くのDMEからの距離でアーリーターンを計画してみましたがまあ上手く行きませんでした。上空の風は思いの外強いのです。もし他に良い方法があれば是非ご教示頂ければと思います。
      どうぞよろしくお願いいたします。

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。