到着時間の簡易計算

IFR NavigationはVFRの地文航法とは違い、航空無線施設からの電波を受信した計器を見て航空路という空の道を飛びます。
航空路はVOR/DMEやVORTAC同士を結んでできているため航空路の終端まで残り何マイルかが
DMEの表示からわかります。これを利用すればGS(Ground Speed)との計算で簡易的に到着予定経過時間を計算できます。

その式がこちら。

 

(600÷GS)×(残りの距離)÷10=到着予定経過時間

 

です。

e.g.

150ktのGSでのこり20NMの場合

600÷150=4

4×20÷10=8分

 

となります。私が習った時は「かけるとGSを600にするような数字と残りの距離をかけなさい」と言われたので自分なりに計算方法はアレンジしてみるといいと思います!

広告

About KC
Pilot訓練生5年目。事業用操縦士・多発限定・計器飛行証明取得。

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。