MACH number

マックナンバーという言葉はご存知でしょうか。

日本語で言うならマッハ。
つまり音速のことです。

前回の対気速度ですが、TASとIASだけでいいと言っておきながら実際エアラインではマックナンバーという速度が必用です。

飛行速度はマックナンバーで書かれます。
◆参考文献◆

図解 よくわかる航空管制

マックナンバーとは
音速を1としたときの比です。音速の半分なら0.5。
例えば
B747SP 0.92(ジャンボの2階部分のあの形のおかげ。「エリアルール」で検索)
B777            0.87
B787ドリームライナー 0.85
A340、A330  0.83
B767  0.80
という風にマックナンバーで性能は書かれています。

なぜか。

理由は3つ
tas speed

1.図にあるように、上昇していくとIASが同じでもTASが増えていきます。
これは予想ですがTASだと高すぎる値になりそうですね。機体の構造がもたないです。

2.ピトー管が使えない。
ピトー管が検出しているのは全圧ですが、これが音速に近いと淀み点(気流に対して正対する速度0のところ)が高温になってきて
正確に圧力を測れなくなるからです。
その代りマックナンバーでは
式
の式をつかって淀み点(機体の先端などのマック計)の温度と外気温の差をつかってマックナンバーで出した方が正確に速度が制御できるからです。淀み点温度と大気温度の平方根に比例しているなんて都合がいいですからね。

3.成層圏近くでは気温減率が異なる
マックナンバーは洋上飛行で用いられるのですが、洋上を高高度で飛行する航空機はほぼ成層圏に近いのでそれまでの対流圏の減率が適応できない場合があり、圧縮による熱の影響が出るピトー管は正確に速度を表していないことになすからです。

_________________________________
初期訓練では全く必要ないことですがすこし背伸びしてラインのオペレーションを
学んでみるのも面白いですよ。

広告

About KC
Pilot訓練生5年目。事業用操縦士・多発限定・計器飛行証明取得。

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。