Circling Approach

Circling Approach(AIM633

目的:前回のVisual Approachに出てきたMVAとシーリングの条件が満たされない時でもレーダー無しで効率よく

トラフィックをコントロールするため。

・ILSでRWY見えるまで下げてみて見えたらサークリングする。

・最小でMinimumの高度まで下がってくる(600ftとか。)DWもその高さ。(ゆえに悪天時の方が飛行機ファンにとって迫力あり)

・サークリングミニマはストレートインミニマより高い。地上視程を適用。RVR非適用。

・サークリングのための安全地帯が決まっている。(サークリングアプローチエリア)

航空機の区分()により決まっている。その内での障害物無しが保障されている。

その外なら高度は何でもいいけど障害物の回避はパイロットの責任。

ATC:”Report break”

ATISでILS RWY27, usingREY09と言っている時がある。

速度によって区分が決まっている。最大着陸重量、L/D形態におけるVsoの1.3倍

A~Hの区分になっている。(AIM641)

余談 最近はサークリングとミニマムサークリングを分けた方がいいのではないかという議論が交わされているようです。

⇒なぜなら⇒人によってBreak高度が違ったらよくないから。

広告

About KC
Pilot訓練生5年目。事業用操縦士・多発限定・計器飛行証明取得。

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。