【睡眠時間のコントロール3】

「最適な睡眠時間とは」

統計によると睡眠時間と寿命の関係は7時間をピークに山型になっている。

20131229-161403.jpg

[名古屋大大学院の玉腰暁子助教授の共同研究グループが北海道から九州まで全国45地区で1988年から〜99年までのデータを分析したグラフ]

ということは7時間をピークに、昔良く言われていた8時間睡眠をしようが、逆に6時間睡眠をしようが寿命が変わらないのなら6時間の方が2時間多く活動できる分得じゃないか。

という考え方のもと、訓練中私は6時間睡眠で計画しています。

正確には6時間「前後」がベストと言えるでしょう。

それは90分=1.5時間の倍数だからです。

人間の睡眠はレム睡眠とノンレム睡眠を90分周期で交互に行っており、その浅い睡眠の時に起きれば脳にも負担が少なく気持ち良く起きれるというわけです。

起床するための脳への負担の差異が睡眠の質の差異だと私は考えています。

ですので今日は徹夜だ、という日でも1.5時間だけでも寝ればいいですし、3時間、4.5時間、7.5時間でもいいです。

大体の人が90分と言われています。

ただ、人によっては数十分違う場合もあり、詳しくは脳波を測ってみないとわからないそうです。

しかし、脳波計測より安くこれがわかるツールが2つあり、
1つ目がiPhoneの加速度センサーを用いたSleep Cycle

この時間までには起きるという時間を決めて起こす時間の幅を決めます。例えば7時までには起きたい、幅30分なら6:30〜7:00の内1番眠りが浅い時にアラームで起こしてくれます。

2つ目が活動量計のUP by Jawbone
使い方はsleep cycleとほぼ同じですが手に巻いている分、より正確ですしバイブレーションで起こしてくれるので寮生活の訓練生としては周りを起こさないのでありがたい。
また、日々の消費カロリーも表示されるので健康管理にもオススメです。

私が訓練中に使っていたのはiPhoneのアプリのsleep cycleで、3ヶ月分測ってサイクルが100分弱と少し長めであることがわかりました。

よく寝るわけだ。

6時間半くらいがベストとわかり以来23:30就寝6:00起床にしています。

また、前回の投稿で書いた、休日に1.5時間睡眠時間を増やすのは1サイクル分増やすためです。

自分の睡眠サイクルを知ってより効率のいい睡眠で成果を出していただければ幸いです。

*まとめ

自分の睡眠のサイクルを知り、その倍数で寝る。
→睡眠の質が向上→訓練の質が向上

また、蛇足ですがカフェインの効果は5時間も続くそうです。
ですから
「17時以降にカフェインを取らない」
ということを私はルールにしていました。睡眠を浅くしないためです。

広告

About KC
Pilot訓練生5年目。事業用操縦士・多発限定・計器飛行証明取得。

One Response to 【睡眠時間のコントロール3】

  1. ピンバック: 活動量計【UP24】 | Flyingfast

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。